有間川漁港休憩施設

7.2mスパンの立体トラス6ユニットを扇形に配置

波のきらめきや刻々変化する水平線, 夕映えや月影を臨む漁師や遊漁客,市民の憩いの場. 建物が風景や光景を描き出す絵扇となって, 春から夏には,芝生・ススキ・竹と緑の濃淡を描き,三日月形のデッキを際立たせ, 秋には自らが際立って季節の変化を映し出します.

公共建築を へ

スケルトンログ構法 全国マップへ