郡上八幡総合スポーツセンター

7mのトラスユニットを16組、半コマずらしに重ねた30mスパンのアーチを、 60mの鉄骨アーチの上に12組のせたドーム

「水と森」の町, 郡上八幡の健康維持のための施設. 250〜300年生の木曾檜丸太600本で梁間30m.57×77mの大空間を架け渡したアリーナは, 日本の建設技術と地域の職人技能が高度に織りなす小宇宙です.

公共建築を へ

スケルトンログ構法 全国マップへ

一つ前のページに戻る