大分県立日田高等学校新体育館「遠思巨材館」

半コマずらしの3段の梁にトラス的効果を加えた30mスパンのアーチ梁

日田杉の丸太300本を用い,県産材の大規模木造への活用の先駆けとなった木造体育館. 三本の矢の教えに似て, 7mの短い材が交互に三段重なり, 互いに他を支え合って30mの梁間を架け渡す構造は, これからの教育のあり方を象徴しています.

地図 へ

公共建築を へ

スケルトンログ構法 全国マップへ

一つ前のページに戻る