大分市立王子中学校屋内運動場

中学校としては大規模な国体のハンドボール競技場が可能な25×46×10mのアリーナを,高さ2.5mの斜行梁による強固な版で形成しています.市内の防火地域の中で検証法によって耐火構造とし,鋼製コルゲート板によってRCの躯体を覆い,遮熱するなど,環境性能を上げながら,県単価の1割削減を実現しています.

公共建築を へ

スケルトンログ構法 全国マップへ